QCY T1 完全左右分離型Bluetoothイヤホンを使ってみた

QCY T1 完全左右分離型Bluetoothイヤホン ガジェット
QCY T1 完全左右分離型Bluetoothイヤホン
スポンサーリンク

コストパフォーマンスに優れた性能バランスの良いBluetoothイヤホンをゲットしましたので早速レビューしていきたいと思います。

2019年暮れにAirPods Proが発売されますます活況の左右分離型Bluetoothイヤホン!

iPhone使いの私としてはAirPodsが第一候補でしたが、何しろ高額!

AirPods Proの最大の売りはノイズキャンセリング機能です。

iPhoneとの親和性も抜群!

そんな中、Amazonや楽天探索をしていたら、お手頃なBluetoothイヤホンがあるではないですか!

ってことで速攻でポチりましたのでレビューをします!

QCY T1 Bluetoothイヤホン

使ってみての結論!

ズバリ!このお値段でこの音質なら全然アリ!

色はブラックとホワイトの2色。

お値段

メーカーホームページの定価こそ税込7,920円(税込)ですが楽天では3,980円(税込)

なんだかんだで楽天ポイントが5%付いて、送料無料!

使用感

ケースから取り出すと、素早くペアリングされて途中で途切れることもありませんでした。

機能が単純なのか、シンプルにペアリングされます。

機種によっては最初に英語のアナウンスが流れるものもありますね。

また、軽いので耳に着けていても違和感なく装着できます。

充電ケースの横幅はちょうど手のひらサイズなので程よい大きさです。

充電ケースに磁石が内蔵されており、パッチと吸い込むようにケースにしまうこととができます。

バックの中に無造作に入れていてもケースから本体が飛び出すことはありませんでした。

充電ケースは比較的丈夫に作られていて、形状的にも強い形をしています。

メーカーサイトによるとケースは28g、本体とセットでも32.6gとのこと。

音質

Bluetooth式ということがあり、音質を心配しながら購入しましたが、無用な心配でした。

重低音もそこそこ出ており、ボーカルの声も問題なく届きます。

カウルの大きさをきちんと耳穴の大きさに合わせれば音質改善に繋がります。

 

仕様(メーカーホームページより)

● 型番:QCY-T1     

● 通信方式:Bluetooth 5.0

● 最大通信距離:約10m(障害物無し)

● 対応コーデック:SBC

● 対応プロファイル:HFP/HSP/A2DP/AVRCP

● 待受時間:約120時間   ● 連続再生:約4時間

●充電時間:約2時間(収納ケース)

● バッテリー種類:Li-ion

● バッテリー容量:3.7V 43mAh(イヤホン)/ 3.7V 380mAh(収納ケース)

● 重量:本機-4.6g / 収納ケース-28g

● サイズ(mm):本機-21.9×16.1×13.6 / 収納ケース-78.2×34.2×28

mirise-inc.jp

よかった点

・AirPodsと比較してずいぶん安い

・充電端子がmicro-USB typeB。USB-typeCと違って挿す方向が決まっています。

・音質はお値段以上!

・Bluetoothで繋がっており、邪魔な配線がないのがいい!

・通信範囲が広く、家中歩き回ってもどこでも繋がっている。(家の広さによりますが。。。)

イマイチな点

・充電ケースに蓋がついていないので埃が溜まる。→取り出しやすいのは良い点ですね。

・とにかくコンパクトなので満員電車や人混みで落としてしまうと大変

・充電端子micro-USB typeB

スマホやノートパソコンと共通のUSB-typeCだったら良かった。

まとめ
まとめ

この値段でワイヤレスイヤホンが買える時代に生まれたことに感謝!

やはり、線がなくスッキリ、コンパクトなのはいいですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

うしたろうプロフィール

コメント